12/17 闇のゲーム

しりとりが苦手である。理由は簡単、意味のある言葉をぱっと出す!ということに集中しすぎて「ん」のつく言葉を言ってはいけないという決まりを忘れてしまうからだ。

最速二ターンで終わるので友達から真顔で「もしかして私の事嫌い?」と聞かれたりもする。

 

そこで私は考えた。しりとりに代わる、新しい遊びを考案しようじゃないか。

その結果編み出されたのが「スガシカオゲーム」である。

ルールは簡単。「ス」「ガ」「シ」「カ」「オ」の五文字を組み合わせて

五文字の単語を作るだけである。文字は一回に何度も使っても良い。

例えば

「シオシオガ(サービスエリアのトイレの片隅で死んでいる蛾のありさま)」

 

「オカシガオ(ベーキングパウダーのような粉がふいている顔)」

 

「カオスガガ(メガテンに出演したレディーガガ 呪殺破魔無効)」

 

「シカオオシ(奈良)」

 

「オシガスオ(滑舌の悪い人が言う「追い鰹」)」

 

こんな具合である。友達に提案したら「どうなったらゲームオーバーなの?」と聞かれた。

そこらへんは各自適当に考えてほしい。